法事・法要料理は廣島堂グランデにお任せください法事・法要料理は廣島堂グランデにお任せください

大切なお客様にお越しいただく法事・法要

心を添える自慢のお料理をお役立てください

法事法要の種類

お通夜
告別式
初七日
三十五日
四十九日
百ヶ日
お彼岸(三月・九月)
一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌
十七回忌
二十三回忌
二十七回忌
三十三回忌
三十七回忌
四十三回忌
四十七回忌
五十回忌
七十回忌
百回忌

法事・法要の仕出し弁当

睡蓮

4,000円(+税)

巻寿司、さば寿司、いなりが入った、天ぷら、焼魚、煮物が入った幕の内

会席膳(小)

3,000円(+税)

煮物、焼物、酢物、天ぷら、巻き寿司、押し寿司入りです。


法事・法要について

お盆 初めて迎えるお盆のことを「初盆(はつぼん)」と呼びます。
お彼岸 お彼岸は春と秋と2回あります。春分・秋分の日を中日(ちゅうにち)とし、前後3日を合わせた7日間をいいます。
初七日 逝去日から七日目のはじめの法事のことを指します。 葬儀の日に同時に初七日を行うことが増えています。これを繰り上げ初七日と言い位牌や遺影に向かってお経をあげます。
四十九日 四十九日は、別名七七日(なのなのか)といいます。ご逝去された故人の魂が家を離れてあの世へ向かう日のことを差します。
一周忌 死後、満一年目の命日に営む法要を表します。最近では命日より早い休日などに行うことも多くなっています。
三回忌 人の死語満2年、数えて3年目の忌日。またその日に行う法要を表します。
pagetop